製品説明会|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



イベント

HOME > イベント > 製品説明会

製品説明会

出願書類作成支援ソフト「PAT-ACE」Web商品説明会

特許庁「インターネット出願ソフト」に対応した出願書類作成支援ソフト『PAT-ACE』をデモンストレーションを交えてご紹介致します!
「これから出願書類作成を始められたい方」「出願書類作成支援ソフトを利用しておらず概要を知りたい方」など、新規ご検討の方向けの説明会です。

名 称

出願書類作成支援ソフト「PAT-ACE」Web商品説明会

日 時

 6月 6日(木) 午前の部 11:00 ~ (10:45受付開始)※終了しました

          午後の部 15:30 ~ (15:15受付開始)※終了しました

 6月12日(水)      15:30 ~ (15:15受付開始)

参加費 無 料
定 員

50名  定員になり次第締切りとなります。

申し込み

お申込フォームはこちら

内 容

【内容】

1.PAT-ACE概要のご紹介
2.基本機能のご紹介
3.便利な機能(特許庁出願ソフトHTML形式変換前に書式チェック)

【無料Web説明会】2024夏 JP-NET/NewCSS 新機能説明会

毎年恒例、年2回の機能アップの夏バージョンです。
新機能の活用により、日頃の調査業務を効率化していただけます。
JP-NET/NewCSSをご利用の方はもちろん、特許検索システムにご興味ある方も必見です。

名 称

【無料Web説明会】2024夏 JP-NET/NewCSS 新機能説明会

日 時

2024年 6月26日(水),27(木)

午前の部 11:00 ~ 12:00(受付開始 10:45)

午後の部 14:00 ~ 15:00(受付開始 13:45)

参加費

無 料

定 員

各回200名  ※定員になり次第締切りとなります。

申し込み

お申込みはこちらから

内 容

【説明会の内容】

1.JP-NET/NewCSS概要のご紹介
2。新機能の詳細、デモンストレーションのご紹介

 

 

【ハイブリッド開催・参加費無料】MTG様の「中国の不正商標に勝訴したワケ」

今日も近隣国の中国では様々な特許/商標の出願・登録がされています。
その中国における知財問題の中でも、特に問題視されているのが商標権の冒認出願です。
「先願主義」を利用して、他人の商標を冒認出願することにより、不当な経済的利益を得ようとする者が後を絶ちません。
日本企業や各団体も様々な対策を講じていますが、難しい状況が続いております。

そんな中、中国の不正商標に真正面から立ち向かい裁判で勝訴された企業がいらっしゃいます。
その企業とは美容・マッサージ機器メーカーで国内トップシェアを確立されている(株)MTG様です。


MTG様をスペシャルゲストとしてお招きし、どのように法的対抗措置を取られたのか?また事前の監視体制など商標業務を中心にご講演頂きます。講演中には質疑応答時間も設けており、また会場参加者の皆様には講演後にMTG様との交流会も予定しております。

名 称

【ハイブリッド開催・参加費無料】MTG様の「中国の不正商標に勝訴したワケ」

日 時

2024年 7月 2日(火)

14:00 ~ 16:30

対面(リアル会場)では、17:00~18:30MTG様との交流会あり

場 所

(対面)

名古屋商工会議所ビル3F 第6会議室

愛知県名古屋市中区栄2-10-19

JPDS名古屋営業所と同じ場所です)

参加費 無 料
定 員

Web:200名

対 面: 50名  定員になり次第締切りとなります。

申し込み

Webお申込みはこちらから

対面のお申込みはこちらから

内 容

【説明会の内容】

◇『プレゼンテーション(1)』
インターネット商標情報検索サービス『Brand Mark Search』
【概要】
今も進化し続ける『Brand Mark Search』
まだご存じでは無い皆さまにも、国内外対応の画像検索など今すぐ活用出来る便利機能も分かり易く丁寧に説明させて頂きます。


◇『プレゼンテーション(2)』
株式会社MTG 開発統括本部 知的財産部長  實川様『中国の不正商標に勝訴したワケ』

【概要】
美容/マッサージ機器メーカーとして、名古屋市に本社を構え国内トップシェアを確立されている(株)MTG様をお招きし、どのようにして商標調査や冒認出願対策をされているのか、また法的対抗措置方法、事前監視体制など商標業務を中心にご講演頂きます。講演後に質疑応答時間も設けております。

 

◇『プレゼンテーション(3)』
ブランディング部サービス概要

【概要】
新規問合せ、驚異のリピーター率を誇るブランディング部の商標調査サービス。
切替発注を多く頂いている世界商標ウォッチングについても紹介させて頂きます。

 

 

 

イベントTOP


▲PAGE TOP