知的財産ニュース|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



知的財産

HOME > 知財情報 > 知的財産ニュース

知的財産ニュース

外国知的財産ニュース

WIPO2017/03/14 ヨルダンPCTに加盟
欧州2017/01/24 カンボジアにおけるヨーロッパ特許の有効化
WIPO2017/01/23 PATENTSCOPE:ドシエ情報の収録
WIPO2016/10/17 PATENTSCOPE:化学構造式検索機能
インド

2016/08/03

(2016/10/06 追記)

7/1・8/26・8/31公開公報件数の増大
欧州2016/07/04 オーストラリアとの早期審査
欧州2016/07/04 取り下げに伴う審査費用の払い戻し
韓国2016/01/27 KIPRISデータベース新機能
WIPO2015/12/28 PATENTSCOPE:チュニジア収録
WIPO2015/11/20 PATENTSCOPE:韓国収録
欧州2015/10/13 モルドバにおけるヨーロッパ特許の有効化
WIPO2015/08/26 PATENTSCOPE:イギリス収録
WIPO2015/05/22 PATENTSCOPE:ポルトガル収録・続報
韓国2015/05/21 特許法の一部改正(第13317号)
欧州2015/03/05 メキシコの法的状況データ追加
米国2015/02/24 特許公報上の米国特許分類とCPC分類の付与
韓国2015/02/06 特許法の一部改正(第13096号)
欧州2015/02/02 モロッコにおけるヨーロッパ特許の有効化
中国2015/01/30 SIPOデータベース新機能
WIPO2014/12/22 PATENTSCOPE:ポルトガル収録
WIPO2014/09/30 多言語専門用語データベースの提供開始
米国

2014/09/04

(2014/09/18 追記)

9月18日発行公開公報件数の増大
中国2014/06/24 公報QRコード
欧州2014/06/08 「グローバル・ドシエ」サービス
TM52014/05/08 商標五庁会合(TM5)(日米欧中韓)公式ウェブサイト
韓国2014/03/07 KIPO料金変更
米国2013/11/26 USPTO料金変更
韓国・中国2013/10/24 日中韓知財協力ウェブサイト
中国2013/10/24 商標法の改正
米国2013/09/30
(2013/10/18 追記)
政府機関閉鎖に伴う米国特許商標庁の業務について

特許分類最新情報

・国内特許分類(FI/Fターム) 更新日2017.1.13

FIはIPCを基礎として細展開された日本国特許庁独自の分類です。技術の進展に対応し適切なサーチキーとして機能するように年に1回から2回、必要な分野において改正が行われています。最新のFI分類表は、下記日本特許庁ホームページを参照ください。
FI改正情報

 

・IoT関連技術に関する横断的分類の新設について

平成28年11月から、IoT(Internet of Things)関連技術に関して、横断的な分類である広域ファセット分類記号(ZIT)を新設し、日本の特許文献に対して付与を行っていく旨の発表がありました。同年12月27日発行の特許公報よりZITが付与された文献の発行が開始されております。

日本特許庁発表資料はこちら

 

また、日本特許庁では、特許文献を技術範囲ごとに区分して整備しており、各技術範囲を「テーマ」と呼んでいます。現在約2600のテーマが存在し、そのうち約1800のテーマでは多観点から文献を絞り込むことを目的として「Fターム」が作成され、国内特許文献のサーチキーとしてサーチに利用されています。Fタームは技術の進展に対応し適切なサーチキーとして機能するように、必要に応じてテーマ統合・分割やFタームリスト再作成等のテーマの改正、および、新規テーマの作成やFタームテーマのFIテーマ化等にともなう新規文献のFターム解析の停止が行われています。Fタームの最新情報については下記日本特許庁ホームページを参照ください。

Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表)

テーマ改廃情報

・CPC

JP-NET/NewCSSは、2013年1月より、海外特許データベースにおけるCPCの検索に対応しております。
ヨーロッパ特許庁並びに米国特許商標庁が付与しているCPCを、遡及データ、更新データ共に検索していただけます。

 

CPC分類の最新情報(分類スキームや定義の改定含む)については、下記リンクに掲載しております資料をご参照ください。
<CPC最新情報> 最終更新日2017.01.16

2016年以前の改訂情報はこちらにまとめました。

 

Espacenetにおける分類検索がECLAからCPCに移行しました。こちらに分類検索(Classification search)ページの使い方を簡単にまとめております。
<EspacenetにおけるCPC検索方法>
2012/12/20確認時点での情報です。仕様変更等の可能性もありますので、参考情報としてご参照ください。

・国際特許分類(IPC) 更新日2017.1.5

IPCの2017.01版が発効されました。特許調査やSDIなどでIPCを用いている場合は、該当する分野に変更がないかどうかご注意ください。詳細は下記、日本特許庁のお知らせをご覧ください。

  IPC分類表及び更新情報(日本語版)

  IPC対照表について

 

また、世界知的所有権機関(WIPO)より、IPCの正式版の新しいプラットフォームが提供されております(英語/フランス語)。現在開発中で一部機能が開放されております。全機能は2017年初めに公開予定とのことです。

IPC Publication

 

従来のプラットフォームは下記にて引き続き利用可能です。

  IPC Official Publication(former publication platform)

【Compilation(差分)表の見方】

左側の記号:N…新規 C…分類の範囲の修正 M…分類の範囲に影響を与えないテキストなどの修正 D…削除 

      U…変更なし(片方の言語では変更がないが、もう一方の言語で変更がある場合)

表中のテキスト:黒文字…既存テキスト 緑文字…挿入テキスト 赤取消線…削除テキスト 斜字…新規テキスト



知財情報 TOP| 


▲PAGE TOP