PAT-ACE|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



特許管理システム


出願書類作成支援ソフト 「PAT-ACE」

特 徴

1.出願処理までシームレスに行える様々な機能が凝縮

 

2.特許取得技術のペーパー図面の自動トリミング・自動貼付

 

3.高いコストパフォーマンスと安心の保守・サポート体制の構築

Microsoft Wordとの連携

Microsoft WordのメニューバーにPAT-ACEの機能ボタンが組み込まれ、全ての作業はWord上で行えます。
また、インターネット出願ソフトもこの画面から起動できます。

スキャナー図面取込み・編集機能(Word32bit版のみ)

図面取込み

ペーパー図面の左にマークをし、スキャンをかけるだけで、必要な図面を自動的に縦横トリミングし、

ダイレクトに出願書類の所定位置に貼り付けます。

1枚のペーパーに複数図面がある場合でも、個別図面として図面番号序列どおり貼付きます。
【特許第3309084号】

 

図面編集

図面番号順に一覧が表示され、全図面を確認しながら貼り付けが可能。

貼り付けた後からでも図面の編集(ごみ取り、線画、文字入れ等)ができ、

図面の順序変えや、他の図面への差替えも自由自在です。

 

図面取込み・編集機能

※ビットマップ形式、GIF形式のイメージファイルも簡単に貼付可能。

 複数図面を取込み、図番自動付与。

図面取込み・編集機能

明細書に記載された【図】や【表】を認識し指定した複数のファイルを連続で取込可能です。
取り込んだ際、自動で図番【図1】、【図2】が付与されるので出願書類の作成が容易となります。

※Windowsで読み込める拡張子のイメージファイルの一括取込みが可能です。

図面取込み機能

識別子挿入・項目番号付与機能

識別子挿入機能

特許庁様式(新様式409種類、旧様式347種類)をいつでもご使用いただけます。
(特定の識別子だけを呼び出します)
また、登録様式の追加・編集が可能ですので、例えば、出願人別などの様式を予め作成・登録しておけば、

よりいっそう便利にご使用いただけます。

 

各種項目番号付与

段落番号・図番・数番・化番・外番などを自動的に付与可能。再編集後の番号ズレも、

簡単に再付番することができます。

 

識別子挿入・項目番号付与機能

特許庁フォーマット変換・自動様式チェック

出願前にMicrosoft Word上で作成した書類が、規定様式に適合しているか否かを自動チェック出来ます。
また、エラー箇所がある場合は、その一覧が表示され視認性にも優れています。

 

特許庁フォーマット変換・自動様式チェック

推奨動作環境(2020年1月現在)

対応OS

Windows 8.1 / 10

(32bit / 64bit 共に対応)

※ Sモードは不可

CPU Core i 以上
メモリ 8GB 以上 HDD 100GB 以上
Microsoft Word

PAT-ACE (32bit版):Word 2010 / 2013 / 2016 /2019( .doc 形式、32bit 版のみ対応)

PAT-ACE (64bit版):Word 2010 / 2013 / 2016 /2019( .docx 形式、64bit 版のみ対応)

※ ストアアプリ版には対応しておりません。

他必要ソフト

特許庁インターネット出願ソフト

スキャナー仕様

スキャナーからの図面取込を行う場合、TWAIN仕様準拠のドライバ(32bit)が必要となります。

* OSが64bitの場合、対応するTWAINドライバが無い可能性があります。

ドライバがある場合も事前に動作確認が必要となりますのでまずはお問い合わせ下さい。

*PAT-ACE64bit版はスキャナー取込みは非対応です。

※ Windows 8.1/10及びMicrosoft WordはMicrosoft Corporationの登録商標です。

料金表(消費税別)

初期費用 保守費用(月額)
基本ライセンス 100,000円 3,000円
追加ライセンス   50,000円

2,000円

※保守費用には、電話・メールによるサポート、ソフトウェアのバージョンアップを含みます。

 

 

| 特許/契約管理システムTOP |


▲PAGE TOP