機能別|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



ぱっとマイニングJP


ぱっとマイニングJP 各種機能

特許各種分析

テキストマイニング機能を利用して、関連分析、ランキング機能で重要キーワードの抽出が行えます。

これにより簡単に注目すべき技術用語が確認可能です。

各種分析-ランキング機能

各種分析-ランキング機能

公報毎に頻出するワードから気になるワードをピックアップ可能です。競合他社の明細書分析や検索式作成の際に参考にして頂けます。

各種分析-関連分析

各種分析-関連分析

メインとなる技術用語の前後に使われているキーワードを抽出できます。

全件を対象とした全体集計や、公報毎に集計する事が可能です。これにより、どのような目的や用途で利用されているかを大まかに把握する事ができます。また、関連深い技術用語を抽出する事で検索式作成の際に参考にして頂けます。

マップ作成

時系列マップ、権利状態を加えたマップ、課題×解決手段マップ、等、多彩な表現で簡単に作成可能です。80種類ものマップが初期設定で用意されており、また3軸目を追加することでさらに多彩なマップ作成が可能です。また、表示しているマップを複製して、より具体的な分析につなげる事も可能です。

マップ作成
  • 全出願×出願年別
  • 全出願×出願年別

→

↓

  • 出願人別×時系列×権利状態
  • 出願人別×時系列×権利状態

↓

↓

  • 出願人別×時系列
  • 出願人別×時系列

→

↓

  • 出願人×IPC分布マップ
  • 出願人×IPC分布マップ

特許調査支援

大量の公報から含数分析や近傍検索、文書ブラウザを利用した高速スクリーニングやノイズ落としが可能です。

含数分析

含数分析

分析する項目(要約、請求項、実施例 等)を選択して、技術用語を入力して分析実行します。

見たい項目に技術用語が多く入っている文書に優先順位をつけて閲覧できます。これにより、より効率的に公報を査読できます。

近傍検索

近傍検索

前方-メイン-後方からキーワードを抽出します。文末の認識をチェックすれば、文字数指定なしでも抽出が可能なので、比較的長い文章でも容易に抽出可能です。

文書ブラウザ

文書ブラウザ

文書ブラウザで確認すれば抽出された箇所が一目瞭然です。

独自分類・データベース化

調査した結果や途中経過に対して、コメント付与、最大50分類の独自分類を付与する事が可能です。それにより、JP-NETではできない、調査結果を蓄積して、自社データベース化したり、SDIの結果を蓄積して年次報告でマップ化する事ができます。

これにより調査業務の効率化やSDI業務の発展的活用に繋がります。

独自分類付与

独自分類付与

情報付与したデータは蓄積されて、検索対象になります。データをCSV保存した場合もテキストデータとして保存できますので、過去の調査結果を確認する事も可能です。これにより、過去の調査結果を有効に活用する事ができます。

独自分類一括付与

独自分類一括付与

情報付与したい公報を複数件抽出した場合は、一括付与機能が便利です。追記もできますので、メモ書きを複数件に残すような事もできます。

 

 

ぱっとマイニング TOP


▲PAGE TOP