IP Vision|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



特許管理システム


IP Vision

知的財産管理業務のトータルソリューション

 

企業の知的財産活動である「発明提案の受付」から「出願手続の中間処理対応」、「取得後の権利維持」をトータルに管理するソリューションです。庁データの取込み、発明者の利用、公報検索サービス「NewCSS」との連携、特許事務所との連携など、知財管理業務に関わる様々な連携が可能です。

IP Visionとは

特徴

直感的な操作

マニュアルを見ながら操作しないと進まない、なんども画面の切替が発生するようなことはありません。

業務単位のフォルダ分けと作業対象がひと目で分かる目次ですぐに利用を開始できます。

 

効率的な管理

期限の迫った出願、審査請求、中間、年金維持の要否判断等に必要な情報を自動配信します。

期限管理の事前通達と「抜け・漏れ」防止を支援します。

 

クラウド対応とセキュアな環境構築

要望の多いクラウドサービスに対応。社内サーバーの管理やバックアップの手間から開放されます。

また、案件の公開範囲の制御、パスワード設定の制御などのセキュリティ設定も標準機能として提供しています。

IP Visionの構成

多くのパターンがある知財管理をきちんとできる入力・編集画面をご用意しています。

必要な情報が1つの画面で入力・確認ができます。

IP Vision編集画面

効率的な管理(自動メール配信機能)

期限が近い情報を抽出し、各担当者に事前案内することが可能です。

IP Visionメール自動配信機能
IP Visionで管理業務の効率化

JP-NET・NewCSSとの連携

IP Visionで案件を見ているときにすぐに公報情報を表示することが可能です。

NewCSSとは審査経過情報の取込み等も含めてシームレスに情報連携。その他のJPDSサービスとも順次連携予定です。

充実したオプション機能

知的財産管理に必要な各種機能を取り揃えており、

企業の知財業務を効率的に運用できるようにサポートしています。

稼働環境

サーバ仕様

ハードウエア環境CPU 3GHz以上
メモリ 8GB以上
ソフトウエア環境OS

Windows Server 2012、Windows Server 2012R2
Windows Server 2016

Windows Server 2019(対応予定)

データベース PowerGres V11
その他 Internet Information Service 7.5以上
.NET Framwork 3.5

※上記は参考基準でありユーザ数やデータ量などの要件により異なります。

※上記に記載のない詳細内容については、弊社サポートデスクへお問い合わせください。

 

クライアント仕様

ハードウエア環境CPU 2GHz以上
メモリ 4GB以上
ソフトウエア環境OS Windows 8.0/8.1、10
※使用するOSがサポートするバージョンに限ります
※言語…日本語のみ
ブラウザ Internet Explorer 11、Edge(対応予定)
その他 Internet Information Service 7.5以上
.NET Framwork 3.5

※上記は参考基準でありユーザ数やデータ量などの要件により異なります。

※クライアントツール「PMインポート」を使用する場合は、「特許庁 インターネット出願ソフト」を利用する為、その稼働環境に準じます。

※上記に記載のない詳細内容については、弊社サポートデスクへお問い合わせください。

 

 特許/契約管理システムTOP 


▲PAGE TOP