知的財産戦略の総合サポート



TOP Page > プレゼンテーション

プレゼンテーション

プレゼンテーションの配信開始日やライブ配信(一部)日時は関連する週毎に予定しています。ライブ配信後については、一定期間経過後にアーカイブ配信として展開予定です。実施予定プレゼンテーションの概要やお申込みは以下をご覧ください。
※プレゼンテーションはYouTubeにて配信します。

お申込みフォーム(全プレゼンテーション共通)



Week1 (11/16~11/19):商標・ブランディング
Week2-3(11/22~12/03):特許検索・分析・管理
Week4 (12/06~12/10):特許調査・知財研修

Week1:商標・ブランディング

企業プレゼンテーション①

 TBSが目指すコンテンツのマルチユース計画と知財戦略(商標)


ライブ配信
11/16(火) 13:30~ ライブ配信は終了しました。アーカイブ配信のお申込みを受け付けています。
講  師
木村 浩也 様 株式会社TBSテレビ 法務・コンプライアンス統括室 ビジネス法務部 弁理士
概  要
TBSグループは今年5月、放送の枠を超え、コンテンツを無限に拡げる計画「VISION2030」を発表しました。ドラマを中心に様々な人気コンテンツを有するTBSグループ。コンテンツのマルチユースによる収益拡大を目指し、オリジナル知的財産の開発を推し進めております。知的財産の一つ、商標権を今まで以上に重視する路線に変更した経緯と、今後の展望について発表いただきます。

企業プレゼンテーション②

 中国における先行類似商標の検索について ~日本商標の特徴を中心に~


ライブ配信
11/18(木) 13:30~ ライブ配信は終了しました。アーカイブ配信のお申込みを受け付けています。
講  師
石 聡 様(パートナー弁理士 張 晶 様監修) 北京路浩国際特許事務所 路浩知的財産権グループ
概  要
中国商標では、利用される漢字字体の規範化による異体字の拒絶リスクや、仮名商標の審査例外など、私達には問題に見当がつかない判断基準があります。そこで、中国商標調査時の日本漢字・仮名商標の検索方法・類否判断基準等について、日本の大手企業をクライアントに持つ北京路浩国際特許事務所より発表いただきます。

JPDSプレゼン 待望の中国商標収録『Brand Mark Search』・世界商標ウォッチング

配信開始
11/16(火)
概  要
勢いの止まらない話題のインターネット商標情報検索サービス『Brand Mark Search』より、待望の中国商標収録含め国内海外商標の活用機能を説明。また、国内外商標調査+新価格と供にサービス内容も刷新した世界商標ウォッチングサービスなど、JPDSブランディング部製品内容をご紹介致します。

お申込みフォーム(全プレゼンテーション共通)

Week2-3:特許検索・分析・管理

企業プレゼンテーション③

 株式会社明治の特許・商標情報活用のケーススタディ ~JP-NETからNew CSSへ~


ライブ配信
11/24(水) 13:30~ ライブ配信は終了しました。アーカイブ配信のお申込みを受け付けています。
講  師
川手 明美 様 株式会社明治 研究本部 知財戦略部 出願・権利化G
概  要
株式会社明治におけるJP-NETからNewCSSへの利用サービス変遷のプロセスに加えて、NewCSS導入で可能となった特許調査やSDI配信等への活用と研究開発者への利用推進の課題アプローチや商標調査における活用、今後の展望についてご紹介いただきます。
企業プレゼンテーション④

 NewCSSクラウドを活用した特許情報の整理と展開 ~社内分類の活用方法~


ライブ配信
11/25(木) 13:30~ ライブ配信は終了しました。アーカイブ配信のお申込みを受け付けています。
講  師
西方 隆之 様 株式会社山田製作所 開発本部 情報管理ブロック 第2セクション
概  要
株式会社山田製作所は製品群に応じて独自の社内特許分類を特許公報に付与しています。NewCSSクラウドを活用することで、検索に不慣れな開発者であっても自身の開発テーマに合った特許公報に触れることができる仕組みを整えており、その事例についてや、NewCSSのマイプロジェクト機能を活用した例についてもご紹介いただきます。

JPDSプレゼン 特許庁2022年公報システム刷新によるJPDSサービスへの対応

配信開始
11/22(月)
概  要
2022年1月より、特許庁のシステム刷新により公報仕様が大きく変更されます。主な変更点として、発行頻度(毎週→毎日)、公報レイアウトの廃止、再公表特許の廃止等があげられます。これらの変更に伴う、JPDSサービスの対応方法やお客様に事前に知っていただきたいことをご案内します。

JPDSプレゼン インターネット特許情報検索サービス「JP-NET・NewCSS」12月新機能ご紹介

配信開始
11/22(月)
概  要
毎年恒例JP-NET・NewCSSバージョンアップの12月の内容をご案内致します。今回のバージョンアップでは「特許庁の公報データ刷新の対応」「インストール版/Web版の査読効率化機能拡張」「海外の類似検索」「NewCSSプロジェクト管理機能の拡張」「昨年改正された意匠に関する検索の改良」など幅広い情報をいち早くお届け!また、過去のバージョンアップの活用方法もご紹介致します。

JPDSプレゼン JP-NET新サービス 「共有ルーム(仮)」のご紹介

配信開始
11/22(月)
概  要
2022年春にリリース予定の新サービス「JP-NET共有ルーム(仮)」についてのコンセプト及び機能のご紹介、料金体系についてご案内致します。研究開発者に対し、最初の段階では共有ルームによるSDI配信等で特許情報に馴染んでもらい、段階的に研究開発者自身でも特許調査ができるような環境整備や活用支援について具体的な運用方法についてもご提案します。

JPDSプレゼン 課題から読み取るカーシェアリング分野の特許分析事例のご紹介!
~ぱっとマイニングJPを利用した効果的な分析方法~

配信開始
11/22(月)
概  要
特許分析ソフト「ぱっとマイニングJP」を利用した分析方法をご提案します。今回は、カーシェアリング分野を対象としてぱっとマイニングJPを利用した、基本的な分析(操作)のフローや、効果的な課題の抽出方法、各企業の出願動向事例などの特許分析に役立つ情報をご紹介致します。

JPDSプレゼン IP Driveを使った情報共有の活用方法

配信開始
11/22(月)
概  要
クラウド型特許管理サービスのIP Driveを活用して、特許管理のクラウド化・情報共有の活用方法をお伝え致します。IP Driveの特徴である「分かりやすいインターフェイスで簡単操作」、「期限、年金、経費、ファイルなどの管理項目やJP-NET連携を基本機能で搭載」、「クラウドサービスならではのメンテナンス・バックアップ不要」、「国内海外4法を登録件数の上限無く管理可能」、「メールによる期限通知で、対応漏れを回避」などについてご紹介。ExcelやAccessなどの自社作成ツールによる管理から脱却したい方、テレワークなどで、いつでも、どこでも業務ができるシステムをお探しの方にお勧めのサービスです。

JPDSプレゼン 新リリース知財管理システム「IP Vision」とNewCSS連携ご紹介・活用事例

配信開始
11/22(月)
概  要
IP Visionは、導入実績が100社以上あるPatentManagerのパッケージシステムとして今年4月より新たにリリースされました。従来から好評の機能(ユーザカスタマイズ等)は継承し、JPDSの公報検索サービスJP-NETやNewCSSとの連携を強化しました。IP Visionはオンプレミス構成、クラウドオプション利用、どちらも導入可能です。実際にご導入いただいたユーザ様の具体的なご活用事例に加え、法定期限の管理に留まらず、その周辺にある業務、例えば、要否判定会議のメンバーへの通達や、経理部門や法務部門との連携業務の活用事例をデモを交えてご紹介致します。

JPDSプレゼン 出願書類作成支援ソフト「PAT-ACE」 ~HTML書類作成までの流れ~

配信開始
11/22(月)
概  要
「PAT-ACE」は、Microsoft Wordで出願書類作成・編集が簡単に利用でき、各種図面取込機能もご利用いただける出願書類作成支援ソフトです。特許庁「インターネット出願ソフト」を使用(連動)して、特許庁へ提出するHTML書類を作成します。図面取込・編集や各種文書編集など、出願書類作成のお手間を軽減致します。

JPDSプレゼン 特許事務所向け管理システム「PATDATA」~事務作業に必要な機能をワンパッケージで提供~

配信開始
11/22(月)
概  要
「PATDATA」は、特許事務所の事務作業で必要になる期限管理・包袋管理・請求書作成・クライアントへのレター作成等の機能をワンパッケージで提供するDBシステムです。朝、PCの電源を入れたらPATDATAを起動して、夕方の業務終了まで1日中PATDATAがなければ事務作業がまわらないと多くの特許事務所様で導入・活用いただいております。今回は、機能の概要を資料で説明した後に簡単なデモで実際の画面まわりもご覧いただきます。

お申込みフォーム(全プレゼンテーション共通)

Week4:特許調査・知財研修

JPDSプレゼン 調査部でのJP-NET利用時の活用事例と「特許調査」依頼に関する疑問解決

配信開始
12/6(月)
概  要
JPDS調査部が調査においてJP-NETを利用する際のヒントなどをご紹介致します。また、調査依頼時やお問い合わせにおいてお客様から多くご質問頂く、調査開始に至るまでの流れや料金などについて説明致します。

JPDSプレゼン 知的財産研修「定期開催セミナー・出張セミナー」の紹介と実際のセミナーダイジェスト

配信開始
12/6(月)
概  要
社員の知的財産教育におけるJPDS知財研修の活用法。JPDSが提供する定期セミナー、出張セミナー、研修用DVDの社員教育への活用事例をご紹介致します。

お申込みフォーム(全プレゼンテーション共通)