JPDS知的財産セミナー概要|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



知財セミナー / 知財寺子屋

HOME > 知的財産セミナー (知財寺子屋) > JPDS知的財産セミナー概要

JPDS知的財産セミナー概要

JPDSが提供する知的財産セミナー

企業のグローバル化に伴い、研究・開発の成果である知的財産の重要性が年々高まっています。

お客様の知的財産に関する社員教育や人材育成をサポートするため、知財に関する幅広いセミナーを提供しています。

知財担当者のスキルアップ、技術者や営業担当者の知財意識の向上を図る「定期開催セミナー」

セミナー内容をお客様ごとにカスタマイズして講師を派遣する「出張セミナー」

法律論ではなく、「実務に即した」JPDSの知財セミナーを是非、ご活用下さい。

定期開催セミナー(来場型)

定期開催セミナー(来場型)

年間120講座以上の開催、約2,000人が受講する知的財産に特化したセミナーです。

初心者からベテランのノウハウ講座までテーマ・レベル別のセミナーを幅広く揃えており、

知財担当者・技術者等の知識拡大、スキル習得や実務レベルの向上、特許調査能力アップが可能です。

 

東京、名古屋、大阪、九州各地(TV講義含む)で開催しています。

以下に、各コースの紹介とコース内のオススメの受講例をリンク先にてご案内しています。

知的財産一般コース

知的財産に関する基本知識の習得や明細書の作成、訴訟対応等の実務研修を行います。 

実習形式の講座を数多く揃えており、企業の幅広い人材のスキルアップが可能となる講座を開催しています。

 

 商標系セミナー

   商標の概要理解から実務レベルの知識、ブランドマネジメントまでの知識を習得します。

   自社商標の適切な利用や商品力強化を目的としたブランド戦略とは何かをを学ぶことができます。

 著作権系セミナー

  著作権の概要理解から実務レベルの知識を習得します。

  既存の著作物を利用したプレゼン資料・パンフレットの二次的著作物作成時に配慮するポイントなどを、

  書籍では学べない実例や判例から学ぶことができます。

 

特許情報・調査コース

情報検索の基礎から特許調査のノウハウまでをパソコンを使った演習等を通じて習得します。

「特許調査担当者速成講座」では、企業の特許調査担当者が短期間でスキルアップすることを目的としています。

定期開催セミナー全講座一覧へ
定期開催セミナー 直近3ヶ月の講座一覧へ

- セミナーを受講いただく時のレベルの考え方について -

JPDS知的財産セミナーは全ての申込書に受講を推奨するレベルを記載しています。

受講レベルは以下の様に表現していますので、セミナー受講判断の参考にご利用ください。

 

  • 入門レベル・・・考え方を理解するための講座(推奨する対象者:開発技術者・知財初任者)
  • 初級レベル・・・基礎知識習得を目的とした講座(推奨する対象者:知財担当者)
  • 中級レベル・・・実務能力の向上を目的とした講座(推奨する対象者:知財担当者)
  • 上級レベル・・・知財マネジメント力や高度な専門能力の向上を目的とした講座
            (推奨する対象者:知財管理職)

※JPDS知的財産セミナーは日本弁理士会の継続研修制度における外部研修機関として認定されています

出張セミナー(講師派遣)

出張セミナー(講師派遣)

全国の個別企業・機関へ、企業での知財経験豊富な講師を派遣します。

自社に最適な内容にカスタマイズし、忙しい技術者・開発者、営業担当者にも配慮した柔軟な対応が可能です。

 

こんな悩みを持っている企業の方におすすめ

  • 社内研修の必要性は理解しているが、今の知財担当者の人数では社内研修まで手が回らない。
  • 知財関係のセミナーは開催が都市部に集中していて、なかなか社員を派遣できない。
  • 社外セミナーは、一般的な事例が多く身近に感じることができない。
    自社に関連のある事例、あるいは社内で起きた事例を使って研修してほしい。

 

出張セミナー(講師派遣)は、皆様のこのようなお悩みをサポートし、

社内の知財意識の向上、発明提案の充実、他社特許分析の実施などの活性化を促します。

 

お気軽にご相談下さい。

出張セミナーの詳細ページへ

 

 

知的財産セミナー TOP 


▲PAGE TOP