特許調査サービス|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



特許調査サービス

HOME > 調査サービス > 特許調査サービス

特許調査サービス

JPDSだから出来る調査サービス

経験豊富なサーチャー

分野別に企業経験・調査経験豊富なサーチャーが対応

調査戦略をしっかり構築し、お客様に最適な提案をいたします

 

JP-NET/NewCSS 充実したDB活用のメリット

業界を代表する自社データベースを利用

ユーザーとのデータ共有もスムーズに実施が可能です

 

充実した海外サポートネットワーク

現地代理人との緊密な連携体制を構築

多言語の調査依頼・取寄せ等も受付可能です

調査の流れ

カスタマイズ調査

全ての特許調査サービスはご依頼の内容に応じたカスタマイズ調査

打合せを実施し、技術内容・調査方針(規模・範囲)・納期・予算に対応したご提案をいたします。

報告書形式や納品形態(紙・データ等)についてもご要望にお応えいたします。

 

調査の流れ

 

調査の目的・種類

先行技術調査

出願前、審査請求前に先行事例や先行技術文献の有無を調査し、新規性・進歩性の判断材料とします。

研究開発段階においては技術テーマの周辺技術となる関連公報をリスト形式にてご提供いたします

侵害性調査(抵触性調査、実施可否調査)

技術・製品等を実施・製造・販売する際に他社の権利を侵害しない様、関連する権利範囲を持つ公報を調査します。

無効資料調査(異議申立、無効審判、情報提供他)

製品開発・実施時に問題となる特許を無効化する目的で、申し立てに利用しうる資料を調査します。

非特許文献の調査も行っており、機械検索に加えて雑誌・図書等の「手めくり調査」も可能です。

テーマ調査(収集調査、関連特許調査)

研究開発段階等において関連する資料を収集し、該当技術分野における動向や他社の出願状況を把握します。

SDI

特定の調査テーマについて最新の特許情報を定期的に監視し、自動的に公報を抽出します。

ご希望により、さらに内容を精読し、必要な情報のみ選択しご提供いたします。

解析調査、マップ作成

ソフトなどを用いてご要望に応じた解析、マップをご提供します。

マクロ解析・・・膨大なデータの解析を行いマップ化する方法

ミクロ解析・・・特定の技術分野について母集団となる資料を人の目で把握し解析する方法

解析調査、マップ作成

調査可能範囲

 機械 産業機器、運輸機器、要素部品、容器包装、建築土木等
 電気電子 デバイス、半導体、電気製品、電子機器、情報通信、電力等
 ソフトウェア システム制御、画像処理、アミューズメント、ビジネスモデル等
 化学バイオ

化学全般、医農薬、医療機器、食品、バイオテクノロジー等

(ただし遺伝子アミノ酸配列検索や合金・高分子組成検索等の必要な調査は除外)

 その他

事務機器、文具、家具、家庭用品、衣料、玩具等

ご依頼から納品までの流れ

ご依頼から納品までの流れ

 

 

調査サービスTOP


▲PAGE TOP