JPDS
english
ホーム



'14/3/10
【HP更新情報】
知財寺子屋(知的財産研修セミナー)のページを更新しました。新年度(4月〜6月)開催予定を掲載いたしましたのでぜひご覧ください。
詳細はこちらから
'14/3/07
【知財寺子屋説明会&意見交換会のご案内】
ご参加者いただいた方には2014年4、5月開催分 無料受講券(1回分)を進呈いたします!
日時:2014年3月19日(水) 14:30〜16:30
会場:日本パテントデータサービス梶@東京本社
詳細・お申し込みはこちらから
'13/8/31
【「Japio GPG」拡大記念キャンペーン】
世界の特許情報を日本語で串刺し検索ができる検索システム「Japio GPG」の機能拡大記念キャンペーンは終了いたしました。
'13/5/7
【「かんたん特許検索」海外サービス開始】
「公報番号」や「ことば」から簡単に類似特許を探すことができる「JP-NETかんたん特許検索 Web版」に、海外特許の検索サービスが追加されました。

詳細はこちらからご確認下さい。
'13/4/16
【HP更新情報】
Japio世界特許情報検索サービスのページを更新しました。新機能が追加されましたのでぜひご覧ください。
詳細はこちらから
'13/4/1
【「JP-NET Web」サービス開始】
Webブラウザから検索・表示・ダウンロードを行える「JP-NET Web」をサービス開始いたしました。JP-NETをご契約のお客様はそのままのご契約でご利用いただけます。
詳細はこちらからご確認下さい。
'13/3/21
【「特許事務管理システムPATAS」の事業移管について】

日刊工業新聞(3/21)での記事掲載の通り、当社はキーウェアソリューションズ株式会社が
長年開発・販売してきた特許事務管理システムPATASの事業譲渡を受けるに至りました。

当社は2013年4月1日(月)より開発、販売、保守・サポート体制を含めたPATASシリーズ
の全ての業務を行ってまいります。今後、東京・大阪・名古屋・九州の各営業所より全国で
PATASシリーズを販売するとともに、PATASシリーズと特許検索サービスJP-NETとの連携
や3年後を目指してクラウド型特許事務管理システムの開発に取り組んでまいります。

特許検索サービスと特許管理システムの双方を取扱う事で、より一層の顧客満足度向上
を目指します。


「特許事務管理システムPATAS」の詳細はこちら
'13/2/22
【「J北京 特許翻訳エディション」販売開始】
中国語特許翻訳ソフト「J北京 特許翻訳エディション」の販売を開始しました。
詳細はこちらからご確認下さい。
'12/11/26
2012特許情報フェアでご案内させていただいた
「かんたん検索サービス」がまもなくご提供開始となります。
サービスの詳細はこちらからご確認いただけます。
'12/11/19
【「Japio世界特許情報検索サービス」提供開始】
Japio世界特許情報検索サービスのご提供を開始いたしました。
'12/11/12
【2012特許・情報フェア&コンファレンス終了】
2012特許情報フェアが大変大盛況の上終了いたしました。弊社のブース、並びに企業プレゼンテーションにお立ち寄りいただき誠に有難うございました。
プレゼンテーションの内容など、
詳細はイベント情報ページでご確認いただけます。
'12/04/23
【中国・インド特許検索サービス活用説明会(東京開催)終了】
「CNIPR」「CIPIS」活用説明会に多くのお客様にご参加いただきました。
誠に有難うございました。
'12/04/12
【中国・インド特許検索サービス活用説明会(東京開催)のお知らせ】
「CNIPR」「CIPIS」活用説明会の開催が決定しました。
午後の部が定員となりましたので、午前の部の追加開催が決定いたしました。
皆様のご参加をお待ちしております。

●説明会の詳細とお申込みはこちらから
 日時:4月20日(金) 10:00〜11:30(9:30 受付開始)
 場所:当社6階セミナー室
 お申込書に必要事項をご記入の上、
 FAX又はメールでお申し込み下さい。
'12/03/24
【中国・インド特許検索サービス説明会(大阪・名古屋・九州)終了】
中国専利検索サービス「CNIPR」、インド特許検索サービス「CIPIS」の説明会に多くのお客様にご参加いただきました。
誠に有難うございました。
'12/03/01
【中国・インド特許検索サービス説明会(東京会場)終了】
中国専利検索サービス「CNIPR」、インド特許検索サービス「CIPIS」の説明会に多くのお客様にご参加いただきました。
誠に有難うございました。
'12/03/01
【「CNIPR」「CIPIS」の提供開始】
国内向けに中国専利検索サービス「CNIPR」の提供を開始しました。
さらに、Clairvolex Knowledge Processes社が提供するインド特許及び意匠、商標検索サービス「CIPIS(サイピス)」の販売を開始致しました。
'12/01/01
JPDSではこのたび、中国知識産権出版社とCNIPR他、包括的代理店契約を締結しました。
今後の海外データベース提供サービスにご期待ください。
'11/11/08
JP-NETは世界60ヶ国のデータをカバーしました。
'11/11/16
【2011 特許・情報フェア&コンファレンス終了】
2011 特許・情報フェア&コンファレンスは大盛況の内に幕を閉じることができました。
JPDSブースにご来場いただきました皆様、プレゼンテーションセミナーにご参加いただきました皆様、誠に有難うございました。
これからも進化し続けるJP-NET & NewCSSにご期待下さい!詳しくはこちらから。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●開催日
 2011年11月9日(水)〜11日(金) 10:00〜17:00
●会 場
 科学技術館(東京北の丸)
●主 催
 社団法人発明協会/一般財団法人日本特許情報機構/フジサンケイビジネスアイ/産経新聞社。
'11/03/14
【東北地方太平洋沖地震発生について】
3月11日(金)に発生しました東北地方太平洋沖地震による災害の影響を受けた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
JPDSでも復興への一助として東京電力殿の節電施策に全面的に協力してまいります。この影響で弊社サービスをご利用のお客様にご迷惑をおかけするかと思いますが、一日も早い復興の為、ご理解とご協力頂けますようお願い申し上げます。
'11/02/01
【ドイツ特許 英語全文データ提供開始】
JP-NET、NewCSSにて、待望のドイツ特許の英語全文データの収録が開始されました。
英語での全文検索及び、表示・印刷に対応。海外特許データベースをご契約頂くと、固定料金で自由にご利用頂けます。
'11/01/06
JP-NET、NewCSSでは本年も様々なサービスを展開予定です。
【2010/12開始の最新機能】
・34ヶ国分の海外特許データを収録しました。各公報間におけるファミリー・サイテーション情報の表示に対応しております。
・中国特許は全文の英文データ+図面、韓国公報では図面データが追加されました。
・意匠/商標の審査経過情報を収録しました。
・検索式入力例ウィンドウを追加しました。初心者の方にも分かりやすくご利用いただけます。
'10/02/10
1万件以上のイメージを持つ米国特許公報が発行されております。表示・印刷に影響を及ぼす恐れがありますのでご注意ください。JPDS各システムではプログラム修正にて対応いたします。
◆該当公報
【公報番号】 US 2010/0019657 A1
【権利者】 Gracel Display Inc.,Seoul(KR)
【発明の名称】 Novel organic electroluminescent compounds and organic
electroluminescent device using the same
'09/12/03
特許検索競技大会2009表彰式が特許・情報フェアにて行われました。
JP−NETをご利用頂いて参加者の方が第1位と第2位表彰を受けられました。おめでとうございます。今後も皆様にご利用いただける特許データベースとして、JP-NETを機能UPしてまいります。
特許検索競技大会の総評はこちら
'09/06/04
1万ページを超える長大公報が特許庁より発行されております。検索システムによる表示・印刷が正しく行われない恐れがありますのでご注意ください。JPDS各システムではプログラム修正にて対応しております。
◆該当公報
特表2009-519001(5/14発行)
特表2009-519703(5/21発行)
特表2009-521205(6/04発行)
特表2009-521904(6/11発行)
特表2009-523005(6/18発行)
特表2009-523404(6/25発行)
特表2009-523405(6/25発行)
特表2009-524404(7/02発行)
'09/05/25
【本社移転のお知らせ】
2009/05/25より、日本パテントデータサービス 東京本社が移転となりました。
 新住所:〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-6
      住友不動産 日比谷ビル 6F (地図

電話・FAX番号、メールアドレスは従来通りです。
'09/03/06
【新刊案内】
弊社が提供する、アジア特許調査シリーズの第一弾「ここがポイント!中国特許調査」の販売を開始しています。詳しくはこちら
'08/12/24
【新サービス!】
JP-NETの海外データベースがパワーアップ!!
JP-NETでアメリカ、ヨーロッパ、国際公開が一括で検索できる「海外データベース」を提供開始!
2009年3月末まで海外データベースを無償開放致します。「海外特許」を選択してログインして下さい。
4月有償サービス開始予定。お申し込み受付中!! 詳しくはこちら
'08/12/19
「JPDS知財寺子屋」が日本弁理士会の継続研修機関として認定されました。
本研修を受講し所定の申請を行うと、外部機関研修としての単位が認められます。
''08/05/15
4月より九州営業所がオープン致しました!
今後も拡大するサービスにご期待下さい。
''08/01/21
中国のポータルサイト百度(Bai du)にて、中国特許全文サービスの提供が開始されました。中国版にGoogle patent Search(米国)と同様の中国特許が掲載されております。
キーワード/社名を日本の漢字で入れると自動翻訳され、簡体字で検索が実施されます。(カタカナ・ひらがなは非対応) 詳細はこちらよりお試し頂けます
''07/12/08
JP-NET、New Client Server Systemの最新バージョンが開始されました。
引用・被引用情報を図式化したサイテーションマップ、技術分布マップが追加された他、1985年以降の米国特許遡及データがご利用頂けるようになります。
'07/10/30
特許庁HPにて、IPC第8版の最新情報が掲載されました。
IPC(2007.10)対照表
IPC(2006.01)分類表及びIPC(2007.01)、IPC(2007.10)からの修正情報
検索式の見直しの際にご参照下さい。
'07/10/24
英国特許商標庁は、商標審査の制度を変更することを発表しました。
「先行する商標の所有者からの異議が認められない限り、出願された商標は拒絶しない」「審査の際に、混同のおそれのある商標が登録済であることが発見された場合、出願人に継続の意思などを確認する」等の内容となっております。
詳しくは英国特許庁HPをご参照下さい。
'07/10/03
IPCの新バージョン(2007.10)が2007年10月1日からWIPOより発効されました。現在WIPOのHPより
IPC分類表 英語版
IPC再分類リスト英語版(Word形式ファイル)
が公開されています。
さらに次回のバージョン(2008.01)についても2008年1月1日より発効の予定です。
IPC(2007.10)からIPC(2008.01)への修正リスト 英語版
'07/10/01
ロシア特許庁でesp@cenetが導入されます。
これまで明細書の入手は特許庁のマイクロフィッシュやロシア特許庁HPからの入手が必要でしたが、esp@cenet側へデータが提供されたことにより、明細書の入手がより簡易に行えるようになります。
'07/10/01
中国特許庁がリーガルステイタス(法的状況)データの英語での提供を開始しました。先般行われたEPO主催のアジアフォーラム(East meets West)で発表されていたもので、1985年以降の情報が入手可能です。従来の英文検索メニューに追加されています。
'07/09/11
WIPOより2007年版(2005年発行までの解析)のPatent Report(世界の特許動向レポート)が公表されました。中国の伸び率(前年比33%増)が特に注目されます。グラフ等の詳細はこちらをご参照下さい。
'07/06/07
1989年以降の公開特許に関する書誌、抄録、全図面、中間記録(審査、審判、登録、引用情報等)を網羅的にカバーするJP-NET英語版JP-NETeを、本年4月世界で始めてEPO主催の特許情報会議(ウィーン)にてリリースしました。現在テスト利用者を募集中です。ご希望の方はこちらよりお申込下さい。
JP-NETe利用申込書(English)
JP-NETe利用申込書(日本語)
'07/02/24
JP-NETNew Client Server Systemにて昭和61年以降の公告特許公報、公開・公表・公告実用新案公報が提供開始となりました。
'06/12/18
特許庁よりIPC第8版の更新情報が発表されました。この更新は2007年1月の公報発行分より反映されます。
'06/12/13
米Googleにて、米国特許の検索サービス「Google Patent Search」のβ番が公開されました。700万件以上の公報を提供する大規模サービスとなるようです。
'06/12/11
2007年1月よりIPCの2007.01バージョンが開始され、2007年1月発行の公報より適用されます。こちらよりWIPOニュースの原本・翻訳文を掲載しておりますので、ご参考の上、来年以降の検索に備えてください。

'06/12/11
商標国際分類第9版が2007年1月1日以降の出願分より適用となります。また小売業等に係る役務が2007年4月1日以降出願文より新たに追加となりました。詳しくは特許庁HPをご参照下さい。

'06/12/11
請求項以下がイメージデータとして作成されている公報が発行されております。検索 システムにおいて、請求項以下をテキスト検索できないものとなりますので、今後の 傾向にご注意下さい。現在までの発行分中では特許第3,824,582号、第3,851,258号が 確認されています。

'06/9/8
WIPOにて各国の移管状況表示のサービスが開始されました。これによりFamily以前の国内段階の状況がネット上で把握できるようになります。ご利用方法はこちらより参照頂けます。

'06/9/8
独立行政法人 工業所有権情報・研修館にて、特許・実用新案整理標準化データのIPC第8版バック分の提供が開始されました。

'06/6/12
JPDS講習会に新メニューが追加されました。
詳しくはこちらからご参照下さい。

'06/6/7
特許庁より「意匠法等の一部を改正する法律」が交付されました。

'06/5/22
JP-NET、New Client Server Systemの最新バージョンが開始されました。ご要望の高かったひらがな検索が可能になったほか、各種機能を強化しております。

'06/4/1
新製品JP-MAP パテントマップ作成ソフト特許情報解析ソフトぱっとマイニング-JP、新サービスGrainGrowth Map作成サービスを展開中です。
特許情報の調査・解析に貢献する最新サービスにご注目下さい。

'06/2/7
第2回パテントマップ新製品説明会を東京にて開催しました。

'05/12/15
第1回パテントマップ新製品説明会を東京(12/7,8)、名古屋(12/2)、大阪(12/15)にて開催しました。

'05/11/1
弊社JP-NET、New Client Server Systemにおいて、日本特許データベースの収録範囲が昭和58年以降に拡大されました。

'05/8/18
特許庁からもIPC第8版の分類表が発表されました。こちらは日本の特許に使用するアドバンスレベルのみの分類表となります。こちらからご参照下さい。

'05/8/16
WIPOホームページより、IPC第8版(2006.01版)が発表されました。日本語による翻訳はまだ未整備ですが、WIPOの出願時の公用語による対応はされるようです。内容はこちらからご参照ください。

'05/7/12
米国特許庁から、第8版の仕様書が発行されました。当サイトではこちらよりPDFファイルにて翻訳版と併せてご覧頂けます。
ご覧頂くには最新のAcrobat Readerをご使用下さい

'05/6/2
韓国の国際出願が増加
韓国特許庁の発表によると、韓国の国際出願がここ5年間で約2.8倍の伸びを見せているとの事。この成長は韓国企業の海外支社のR&D(研究開発)戦略の拡大に因るところが大きいと韓国特許庁は分析している。主だった分野としては、LGの光学ストレージ関連やサムソンのコンピューター及び関連機器・半導体・携帯電話関連が挙げられている。R&D主要国は、全体の6割が米国、3割が日本で、次いで中国・ロシアと続いている。
詳しくは
こちら

'05/5/27
2006年から開始される、IPC第8版に関する情報が発表されています。
IPCリフォーム及び三極分類調和について(特許庁ホームページより)日本、アメリカ、欧州特許庁のIPC改正の取り組みと経緯、今後の対応スケジュールを説明。さらに、IPC第8版への改正ポイント、IPCの構造を解説しております。
International Patent Classification(IPC) (WIPOホームページより)
国際特許分類の定義と今後のスケジュールを掲載しております。
Publication of the eighth edition of the IPC(IPC-2006) and related material(WIPOホームページより)
「IPC第8版の発行と関連資料」 IPC第8版のおおまかな構成と発行までのスケジュール案内を掲載しております。

'05/4/21
EPOの権利状況・包袋閲覧が統合へ
これまで権利状況(EPO Patent Register・Legal status)と、包袋閲覧(FileInspection)の入り口は別々になっていましたが、このほど、ワンストップチャンネルを目指し統合することを発表。2005年6月には従来の入り口を閉鎖し、RegisterPlusの名称にて新たにスタートさせる。アクセスはこちら

'05/3/23
米国特許庁が2004年度特許件数トップ10の大学を発表

米国特許庁は2004年度の全米大学の特許件数トップ10を発表した。カリフォルニア大学は11年連続でトップの座を走り続けている模様。ランキングは以下の通り ※( )内はその件数。

1位…カリフォルニア大学 (424)、2位…カリフォルニア工科大学 (135)、3位…マサチューセッツ工科大学 (132)、テキサス大学 (101)、5位…ジョンズ・ホプキンズ大学 (94)、6位…スタンフォード大学 (75)、7位…ミシガン大学 (67)、8位…ウィスコンシン大学 (64)、9位…イリノイ大学 (58)、10位…コロンビア大学 (52)

詳細はこちら

'05/2/6
韓国特許庁、特許審査短縮へ
(YonhapNews Internetより)

韓国特許庁は2005年2月6日付けで現在21ヶ月掛かっている審査期間を10ヶ月に短縮することを発表しました。
そのため、韓国特許庁では248名新たに審査官を採用するとともに新たな審査部門を開くことを予定しています。
加えて先行技術調査を外部機関に委託すると供にその検索システムの構築を目指すとのことです。

また、2006年末までに16名の審判官を採用し、現在12ヶ月掛かっている審判期間を6ヶ月に短縮する予定です。

'05/2/1
日本特許・韓国特許 協調加速へ
韓国特許庁長官と日本特許庁の長官が1月7日に韓国にて会合を開き、審査に関する協調路線を確認しました。
審査に関する"ハイウェーシステム"(韓国および日本の両国に出願され、片方の国で特許登録されたものは、もう片方の国での審査を他の出願の審査に優先させる)の構築を目指し、専門家同士の会合を定期的に行う予定です。
詳しくはこちら

'05/2/1
KIPRIS 英語インターフェイス導入へ
2005年より、KIPRIS(韓国特許・実案Web検索)に英語のインターフェイスが導入されました。
詳しくはこちら
※タイトルおよび収録されている単語の検索においては英語でも可能ですが、結果表示、テキスト全文などはこれまで通り韓国語のフォントが必要になります。

'05/1/11
米国特許庁が上位10社を発表
米国特許庁は1月11日付けにて2004年度の特許件数上位10社を発表しました。予想通り、IBMはトップの地位を譲っていないものの、松下電器やCanon・日立・東芝・ソニーも健闘しています。 詳しくは4月に発表される"Patenting By Organizations Report"に掲載される予定です。
詳細はこちら

'04/11/19
3局(極)特許庁合意へ
米国特許庁・ヨーロッパ特許庁・日本特許庁が、作業の共有化やそれに伴う電子化作業の共有化・検索手法などの標準化に関する特許法に関して合意。同意された内容の一部は以下の通り。
他の特許庁よって実施された先行技術調査の結果を利用し、3局全体での仕事量の減少と質の向上を目指す。
2005年春に審査官交換プロジェクトを導入し、特許調査技術の共有化を目指す。
様々な電子ファイル・システムとのデータ互換性を目指し、他の庁の適用内容、調査結果、優先権情報などの関連する情報への審査官の自由なアクセスを目指す。
詳しくはこちら

'04/11/15
JP-NET 意匠・商標の提供を開始。
JP-NETにて意匠、商標、公開・国際商標、審決の各データベースを全ユーザーに無料開放しております(2004年末まで)。2005年より正式にサービス開始となりますので、ご興味のある方は是非お問い合わせください。
詳しくはこちら

'04/11/8
JP-NET フルテキスト検索が可能になりました。
JP-NET最新バージョン(Ver7.05)リリース開始。各種不具合修正に加え、最大1万件のCSVダウンロード、コマンド検索におけるフルテキスト検索が可能になりました。
詳しくはこちら

'04/9/27
米国特許商標庁移転へ
米国特許商標庁がバージニア州アレキサンドリアへ本部を移転。 約300台のPCが配置された公共閲覧所が利用可能です(毎週月曜〜金曜の午前8時〜午後8時)。
記事の原文はこちら

'04/8/25
ESPACE EP-A EP-Bが1枚のDVDへ
ヨーロッパ特許庁は2005年1月発行分よりESPACE EP-AとEP-Bを1枚のDVDに収録することを発表しました。 収録の基本的な構造は以前と同じで、従来通りMIMOSAの利用が可能です。 また、WIPO 標準3.6に準拠したXMLフォーマットも追加収録される予定です。
記事の原文はこちら

'04/7/29
XML特許公報不具合のお知らせ
特許庁発行のXML特許公報7月7日及び7月14日発行分のキーインデックス中に一部誤りがあったことが特許庁より発表されました。
※P-NET、New Client Server Systemにつきましては、7月29日に修正対応済です。

'04/7/12
(株)IPBより、特許四季報 創刊2号が発刊。
詳しくはこちら

'04/7/7
特許庁より、特許公報XMLフォーマット版の第一号が発行されました。

'04/6/17
2004年8月より、JP-NET遡及データの提供を予定しています。 期間は平成元年以降の公開・特許公報です。

'04/6/7
新サービス「審査経過ウォッチングサービス」の販売を開始しました。
詳細はこちら

'04/6/1
JP-NETにてライセンス情報提供サービスを開始。 詳細はこちら

'04/4/13
JP-NET、及びNew Client Server Systemにおける審査経過データベースに、昭和39年出願分までの遡及情報が累積されました。

'04/4/5
フジサンケイ ビジネスアイにて、弊社特許流通サービス参入を発表。
※詳細は追って発表致します。

'04/4/1
特許庁 特許情報課長に鈴木良吉氏が就任。
※特許情報課では、2005年のDVD-ROM仕様変更についての意見聴衆を受け付けています。

'04/3/25
特許情報サービス業連合会新会長に、弊社代表取締役の仲田正利が就任。
※連合会HPアドレスが変更されました。新しいHPはこちら

'04/1/15
2004年より導入されたXML公開公報の不具合に関して、特許情報サービス連合会が情報交換会を実施。 詳細は連合会HPよりご覧下さい。

'03/12/19
特許庁XML公報に対応したJP-NET新バージョンをリリース。

'03/12/1
特許庁電子公報のXML形式化についてのお知らせを掲載しました。
JP-ROM、JP-ROM Miniご利用のお客様は必ずご覧になってください。

'03/10/31
米国特許最新情報
・アメリカ特許庁は、2003年6月30日出願分からの、全ての出願書類の管理・保管についてイメージファイルラッパー(IWF)のシステムに取り込み電子化を進めると発表した。
・US PTOのアドレスはhttp://www.uspto.gov/web/patents/ifw/index.html

'03/08/11
JP-NETver6.02リリース。審査経過情報の連動表示が可能に。

'03/08/09
JP-NET回線増強工事に伴いJP-NETサーバ停止。【停止時間】AM9:30〜PM3:00

'03/08/01
EPOは SUB OFFICEのあるオーストリア ウィーンで日本特許情報に関するミーティングを10月23日〜24日に開催。詳細はEPOホームページを参照
http://www.european-patent-office.org/epidos/conf/jpinfo/2003/

'03/07/01
JP-NET審査経過情報無料サービスが終了。課金サービス開始

'03/06/01
「JP-NET審査経過情報無料サービスが開始(〜7月末まで)」
2003年6月 JP-ROM Newクライアント・サーバシステムのサービス開始。当サービスは、三菱樹脂株式会社知的財産部様に最初にご導入いただきました。





ニュースリリース 会社案内 営業案内 催し物情報 お問い合わせ 関連リンク サイトマップ ホーム

copyright(c)2003 日本パテントデータサービス株式会社 All right reserved