製品説明会|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



イベント

HOME > イベント > 製品説明会

製品説明会

JP-NET・NewCSS新機能説明会<名古屋開催>

 日頃からご愛顧頂いております特許検索サービス「JP-NET」、「NewCSS」は昨年12月のバージョンアップで検索機能中心に大幅パワーアップ!

 今回注目すべきは海外のステータス検索、全図面表示機能の機能拡張!その他にも追加となる分割出願のウォッチング、コマンド検索の機能アップなど、活用機能と併せてデモ中心にご案内致します。

 新機能の概要を知りたい方、特許検索サービスをご検討中で情報収集中の方、またその他の検索サービスをご利用の方も、この機会に是非ご参加ください! 

名 称

特許検索サービス JP-NET・NewCSS新機能説明会<名古屋開催>

日 時

1月26日(金)  15:00 ~ 17:00 (14:30受付開始)

場 所

日本パテントデータサービス(株) 名古屋営業所

住所:愛知県名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル 11階MAP

参加費 無 料
定 員

16名  ※先着順申し込み。定員になり次第締切りとなります

申し込み

お申込フォームはこちら

FAXでのお申し込みの際は、こちらのお申込み用紙にご記入の上、弊社までお送り下さい

内 容

【説明会 内容】

◆JP-NET・NewCSSの追加内容について◆
◇図面表示の機能拡張
 待望の全図面表示に対応。デュアルディスプレイ環境で更に効果を発揮します。
 また、拡大図面への符号説明表示や公報中の図番サーチ機能も搭載。

◇コマンド検索画面の機能アップ
 検索履歴や結合コマンドの入力補助、近傍検索機能のブラッシュアップ。
 さらなる使いやすさを実感できます。

◇分割出願のウォッチング
 審査経過DBを利用して、分割出願された案件のウォッチングが可能に。
 日々のウォッチング業務の効率化間違いなしです。

◇米国の審査経過情報(US PAIR情報)の収録
 ご要望の多かったUS PAIR情報を収録しました。
 PAIR情報は日本語訳も収録しているため、英語が不慣れな方でも安心。

◇海外ステータス検索の対応
 US PAIR情報の収録に伴い、海外でもステータスの表示・検索が可能に。
 今回は米国と中国特許が対象になります。

◇かんたん検索の検索範囲拡大
 前回の新機能説明会でもご好評のかんたん検索を利用して
 電子出願以前の公報も検索が可能になります。(1971年~最新)

 

また、今回は海外特許情報の収録範囲や検索方法を便利な活用機能とあわせてデモにてご紹介!
海外特許にご興味のある方はこちらも必見です!!

知財コンサル説明会+フリーディスカッション<東京開催>

 貴社の優れた技術は知的財産として適切に保護され活用されていますか。
 JPDSは知財を適切に権利化・活用するお手伝いをします。

 

 JPDSでは、定期的にコンサルティングサービスの説明会を開催しています。

 今回は、企業の方が関心をお持ちのテーマを取り上げ、参加者の皆様同士でそのテーマに対する具体的な悩みをフリーディスカッションします。

 フリーディスカッションの内容について弊社担当から、経験に基づいたアドバイスをさせていただき、より具体的な解決方法を提示させていただきます。

 企業個別の事情は異なりますので、現実的な方策は企業毎に異なるものと思いますが、共通のテーマでも、個々の悩みを共有化することでより課題が明確になるものと思います。

名 称

知財コンサル説明会+フリーディスカッション <東京開催>

日 時

2018年1月31日(水)

        説明会 14:00 ~ 14:20 (13:30受付開始)

フリーディスカッション 14:20 ~ 15:30

※フリーディスカッションでは参加人数に応じグループ分けをさせていただきます。

場 所

【東 京】 日本パテントデータサービス(株) 本社 セミナールーム
      東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル6階MAP

参加費 無 料
定 員

10名  ※先着順申し込み。定員になり次第締切りとなります

申し込み

お申込フォームはこちら

FAXでのお申し込みの際は、こちらのお申込み用紙にご記入の上、弊社までお送りください。

内 容

【内 容】

 □JPDS知財コンサルの説明

  (コンサルタントの紹介、JPDSがめざす知財コンサルとJPDSコンサルの魅力)

 

 □フリーディスカッションテーマ:権利取得にかかる問題と課題
  1) 製品・技術を守る特許はどのように取得するか
  2) 製品・技術に対する十分な保護はできているか
  3) 出願はすべきなのか、秘密管理をすべきか


【担 当】

 竹澤誠 JPDS知財コンサルティング事業部長 弁理士

  元東亜燃料工業(株) 研究開発業務等を経て、知財部知財マネージャーとして、

  訴訟、無効審判および知財全般を担当。2003年弁理士登録。

  2009年6月 特許業務法人SSINPAT設立、代表。

        国内外出願、侵害関係見解書作成業務等。

  2017年1月 JPDS知財コンサルティング事業部長。

 

 

イベントTOP


▲PAGE TOP