その他イベント|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



イベント

HOME > イベント > その他イベント

その他イベント

中国特許情報年会(PIAC)2016 視察ツアー

 特許出願件数の急増と共に訴訟や模倣品の被害も増えており、現地で事務所や工場を構えて海外事業を展開する企業が多い中、政治問題をはじめ企業を取り巻く環境は激変しています。中国の知的財産はますます目が離せなくなっているのではないでしょうか。

 当社では、このような中国知財の実情を見る機会として、今年で第7回目となる中国特許情報年会をはじめとした、知識産権局、知識産権出版社、大手特許事務所などの訪問ツアーを企画致しました。是非、ご参加ください。

 

日 程 9月18日(日)~9月21日(水) 3泊4日
参加費用

298,000円(概算費用、消費税別) 

仮お申込み

期限

7月8日(金) 

※仮お申込み後のキャンセルが可能です。

ご参加を検討していて、期限に間に合わない場合はご一報ください。

旅行取扱 株式会社JTBコーポレートセールス

PIAC2016

開催概要

会期:9月19日(月)~9月20日(火)

会場:北京 国家会議中心

主催:知識産権出版社有限責任公司(IPPH)

ホームページ:http://www.piac-china.com/

詳細/

お申込み

 詳細パンフレット兼お申込み用紙はこちら(最終更新日:5月13日)

お申込みフォームはこちら

JPDSユーザー会 グループワーク発表会

 「JPDSユーザー会」とは、JPDSサービスの利用者によるユーザー団体です。東京・名古屋・大阪・九州の全国規模で実施しており、知的財産権やJPDSサービスの情報共有、会員相互の交流・研鑽、サービスの改善に繋がるような運営をしています。

 この1年間で各地それぞれのテーマで行ったグループワークの内容を発表する機会を設けました。ユーザー同士の情報交流から生まれた日々の業務の参考になる情報を発表します。 

名 称 JPDSユーザー会 グループワーク発表会<東京・名古屋・大阪・九州 開催>
日 時

【東 京】 4月14日(木)13:30~17:00(13:00受付開始)

【名古屋】 4月20日(水)13:30~16:30(13:00受付開始)

【大 阪】 4月21日(木)13:30~17:10(13:00受付開始)

【九 州】 4月22日(金)13:30~16:30(13:00受付開始)

場 所

【東 京】 日本パテントデータサービス(株) 本社
      東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル6FMAP

 

【名古屋】 名古屋商工会議所ビル 3階第1会議室

      名古屋市中区栄2-10-19MAP

 

【大 阪】 大阪科学技術センター 8階小ホール
      大阪府大阪市西区靭本町1-8-4MAP

 

【九 州】 TKP博多駅南会議室3F 第2会議室
      福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-10 第24中央ビルディングMAP

参加費

3,000円(資料代含む 当日、現金払い) ※各会場共通

領収書は「JPDSユーザー会」にて発行します。

定 員

【東 京】 満席となりました

【名古屋】 50名(先着順申し込み)

【大 阪】 60名(先着順申し込み)

【九 州】 25名(先着順申し込み)

申し込み

お申込フォームはこちら

FAXでのお申し込みは、各会場毎の申込用紙を参照ください。

【東京会場】 【名古屋会場】 【大阪会場】 【九州会場】

内 容
 

□JP-NET/NewCSSグループ

 『いまさら聞けない、「このコマンドどのように使えばよいの?」』

□審査経過グループ

 『企業における特許ウォッチングの効率化』

  ~あふれた情報を整理しウォッチングベストモードを探る~

□調査・分析グループ

 『調査の魅せ方』 ~手間をかけずに惹きつけ力をUPするJP-NETの機能改善提案~

□海外特許情報グループ

 『JP-NET/NewCSS 海外特許DBで出来ること・出来ないこと』

□知財教育グループ

 『発明のコンセプトが表れている提案書を書けるスキルが身に付く知財教育』

□JPDSユーザー会事務局

 『ユーザー会の開催概要と会員募集のご案内 ~2016年度開催の計画について~』

 

□JP-NET/NewCSSグループ

 『JP-NETの入門書のようなガイドブック作成』

□管理・分析グループ

 『特許管理のための価値評価』

□海外特許情報グループ

 『パテントファミリーとリーガルステータスの取得方法』

  ~どちらかといえば良さげな方法~

□東京・審査経過グループ

 『企業における特許ウォッチングの効率化』

  ~あふれた情報を整理しウォッチングベストモードを探る~

□JPDSユーザー会事務局

 『ユーザー会の開催概要と会員募集のご案内 ~2016年度開催の計画について~』

 

□JP-NET/NewCSS・調査分析グループ

 『特許調査のフロー(受付から報告まで』

□知財教育グループ

 『知財教育活動』 ~トップから末端までの意識改革を目指して~

□海外特許情報グループ

 『JP-NET/NewCSSと無料ツールの効率的な併用方法』

  ~国内外の特許情報調査 お悩み解決~

□小規模知財部グループ

 『小規模知財部の効率的運用について(小規模知財部のあるべき姿)』

□東京・審査経過グループ

 『企業における特許ウォッチングの効率化』

  ~あふれた情報を整理しウォッチングベストモードを探る~

□JPDSユーザー会事務局

 『ユーザー会の開催概要と会員募集のご案内 ~2016年度開催の計画について~』

 

□JP-NET/NewCSSグループ

 『知財部員も使えるかんたん検索』

□大阪・小規模知財部グループ

 『小規模知財部の効率的運用について(小規模知財部のあるべき姿)』

□教育グループ

 『技術開発向け知財教育プログラムとアウトソーシング』

□東京・審査経過グループ

 『企業における特許ウォッチングの効率化』

  ~あふれた情報を整理しウォッチングベストモードを探る~

□JPDSユーザー会事務局

 『ユーザー会の開催概要と会員募集のご案内 ~2016年度開催の計画について~』

「中国独占禁止法による知的財産権濫用規制」講演 <終了しました>

 2008年8月の法施行から約7年半の法執行を経た中国独占禁止法にとって、知的財産権濫用規制は起草過程当時からの最重要の課題です。2015年は、2月に国家発展改革委員会がクアルコムによる各種の特許ライセンス慣行を独占禁止法違反と認定し、約61億人民元(当日レートで約1155億円)の制裁金を課したことを皮切りに、4月、国家工商行政管理総局が「知的財産権の濫用による競争排除又は制限行為の禁止に関する規定」を制定しただけでなく、年末には国家発展改革委員会が知的財産権濫用に関する独占禁止指針案を公表するに至り、まさに「知的財産権濫用規制元年」ともいうべき年となりました。

 

 本講演は、中国独禁法を概観し、複雑な法執行体制を紹介した上で、中国における従来の知財ライセンス規制と比較しながら、上記の規定、ガイドライン案及び具体的事例を分析することを通じ、今まさに立ち現れつつある中国独占禁止法による知的財産権濫用規制の姿を浮き彫りにします。

 

 ※詳細パンフレットはこちら

 

名 称

「中国独占禁止法による知的財産権濫用規制」講演<東京開催>

TVライブ中継<名古屋・大阪・九州>

日 時

3月8日(火) <終了しました> 

講演会 15:00~17:30 (14:30受付開始)

場 所

【本講演会場・東京】

日本パテントデータサービス(株) 本社
東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル6FMAP

 【TVライブ中継・名古屋】

日本パテントデータサービス株式会社 名古屋営業所 セミナールーム
愛知県名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル11階MAP

 

【TVライブ中継・大阪】

日本パテントデータサービス株式会社 大阪営業所
大阪府大阪市西区靭本町1-7-18 ビーイングビルMAP

 

【TVライブ中継・九州】

日本パテントデータサービス株式会社 九州営業所 セミナールーム

福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-23 博多駅前第2ビル MAP

参加費

東京:3,000円(当日現金受付、領収書発行)

 ※東京会場のみ講演終了後、簡単な懇親会を実施します。

 

名古屋・大阪・九州:2,000円(当日現金受付、領収書発行)※TVライブ中継価格

定 員

東 京:60名

名古屋:15名

大 阪:20名

九 州:10名

内 容

はじめに
1.中国独禁法の概要
2.中国独禁法の執行体制
3.従来の知的財産権ライセンス規制
4.独占禁止法による知的財産権濫用規制
  (1) ガイドライン等起草過程
  (2) 国家工商行政管理総局・知的財産権濫用規定
  (3) 国家発展改革委員会・知的財産権濫用独占禁止指針案
  (4) 具体的事例
課題と展望

講 師

川島 富士雄 氏

神戸大学大学院法学研究科 教授

 

 講師近影

講師略歴

1990年 東京大学法学部卒
1990年 東京大学法学部助手
1993年 財団法人国際貿易投資研究所公正貿易センター客員研究員
1996年 金沢大学法学部助教授
2005年 名古屋大学大学院国際開発研究科助教授
2007年 同 准教授
2011年 同 教授
2015年 現職

主な著書・研究業績

・岸井大太郎らと共著『経済法‐独占禁止法と競争政策‐〔第7版〕』(有斐閣)(2013年)
・「中国における最近の企業結合規制事例」公正取引779号31-39頁(2015年)
・「中国独占禁止法による知的財産権濫用規制」知的財産研究所編『国際知財制度研究会報告書(平成26年度)』147-176頁(2015年)
・「中国における価格独占規制‐日本製造業者による自動車部品及びベアリングカルテル事件を中心に‐」公正取引771号39-52頁(2015年)

特許・情報フェア&コンファレンス2015

2015特許・情報フェア&コンファレンスは大盛況の内に幕を閉じることができました。
JPDSブースにご来場いただきました皆様、プレゼンテーションセミナーにご参加いただきました皆様、誠に有難うございました。
これからも進化し続けるJPDS製品・サービスにご期待下さい!

開催概要

開催期間 2015年11月4日(水)~6日(金) 10:00~17:00
会 場 科学技術館(東京北の丸公園)
主 催
特許フェア

社団法人発明推進協会

一般財団法人日本特許情報機構

フジサンケイビジネスアイ 産経新聞社

 

JPDSプレゼンテーションセミナーのご案内

ウシオ電機株式会社における特許情報の活用について
日 時 11月5日(木) 13:45~14:30
場 所 第1会議室
講 演
  1. ウシオ電機株式会社における特許情報検索データベース【New CSS】を用いた特許情報の活用事例として、グループ会社を含めたSDI(公報電子回覧)の運用を中心にご紹介。
  2. JPDSより【New CSS】【JP-NET】の新機能をご紹介。

 

住友金属鉱山株式会社における特許情報の活用について
日 時 11月6日(金) 13:45~14:30
場 所 特設会場
講 演
  1. 住友金属鉱山株式会社における特許分析・MAP作成ソフト【ぱっとマイニングJP】を用いた特許情報の活用事例について、特許情報管理としての活用を中心にご紹介。
  2. JPDSより【New CSS】【JP-NET】の新機能をご紹介。

2015特許・情報フェア 日本パテントデータサービス㈱ブース・プレゼンテーションセミナーの様子

  • 2015 特許・情報フェア&コンファレンス
  • 2015 特許・情報フェア&コンファレンス
  • 2015 特許・情報フェア&コンファレンス

 

 

 イベントTOP 


▲PAGE TOP