知財コンサルティングサービス|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



知財コンサルティングサービス

HOME > 知財コンサルティングサービス > 知財コンサルティングサービス

知財コンサルティングサービス

知財コンサルティングサービスでは、知的財産に関する総合コンサルティングサービスを提供します。

ご相談内容に応じて、JPDSグループ顧問及び外部有識者を含めたサポートチームを立ち上げ、専門分野・内容に応じたメンバーが対応を行います。

 

コンサルティングサービスを受けるまで

① まずは貴社の課題・悩み等をご相談下さい。初回のご相談は無料でお受けいたします。

  (無料相談の詳細やよくあるお問合せはこちら

② 貴社の課題・悩みを解決するサポート内容やメンバーを厳選し、実際のサポートプランをご提案します。

  (豊富な経験から貴社をサポートするメンバーはこちら

③ サポートプランにご納得頂けましたら、合意・契約となります。

④ コンサルティングを実施するメンバーで専門のサポートチームを構成し、貴社の課題解決をサポートします。

コンサルティングサービスメニュー<一例>

知財育成・人材教育

社内専門家の育成検討

知財活動が継続可能となる知財育成プログラムを提案します。

事業戦略に基いて社内で活用できる知的財産は何かを整理し、必要に応じて権利化とその活用ができる人材教育を実施します。

開発部門指導

特許権の価値意識、重要性の醸成

事業部門・開発部門の状況に応じ、企画・開発している製品をどのように権利化すれば自社の技術を守れるのか、競合に対する優位性を保てるのか、という視点から開発部門を指導します。

特許の権利化指導

企業の事業方針に沿った権利化

出願から権利化までのシステムを検討し、改善方法を提案します。

特許権の活用が不十分と思われてもその潜在的な抑止効果の有無を検討します。出願自体の問題の場合は、改善方法を提案します。

知財のマニュアル作成支援

知財社内規則・営業秘密規則等

知財をどのように活用するかは企業により異なります。

知財として何をすべきかを整理し、企業の知財活動に合致したマニュアル作成をサポートします。

他社からの侵害警告対応

国内外特許訴訟への対応

侵害の成否、権利の有効性、対象製品のビジネス上の位置づけ等を明確にし、適切な対応を提示します。

訴訟となった場合も、弊社付記弁理士、連携弁護士、弁理士により対応します。

模造品・偽造品対策

中国・韓国・東南アジア・インド等

国ごとに対策のとり方は異なります。

必要に応じた経験豊富な外部顧問による対処、海外の特許法律事務所との連携により対応します。

ライセンス交渉支援

特許権・商標権

自社および他社の権利の状況を把握することが重要です。

ライセンスのメリット・デメリットを考慮し、交渉相手への対応策を提案します。

料金プラン

基本プラン

年間20時間程度のご相談   2万円/月

 

個別案件プラン

お客様のニーズ・状況に柔軟に対応します。個別にご相談下さい。

 

 

知財コンサルティングサービス TOP 


▲PAGE TOP