沿革|知的財産戦略の総合サポート

Global Site



企業情報情報

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

1988年10月 特許情報の国内外提供を目的として設立 
1989年05月 PATOLIS代行検索登録 登録番号0121
1991年04月 European Patent Officeと契約締結
1992年12月 電子特許公報検索システム「JP-ROM」発表
1993年05月  日本最初の電子特許データの編集加工販売を開始
特許庁CD-ROM第三者提供業者利用として約定報告
1995年04月 大阪営業所開設
1996年05月 Micro Patent社と契約締結
1997年11月 「JP-ROMクライアントサーバーモデル」発表 
1999年09月 パテントマップソフト発表
2000年04月 名古屋営業所開設
2000年11月 「JP-NET」500万件の全文明細書検索サービス開始
2003年06月 「NewCSS(New Client Server System)サービス開始
2005年12月 特許分析・マップソフト「ぱっとマイニングJP」発売
2006年04月 知的財産研修事業部 発足
2008年04月 九州営業所開設
2008年07月 知財ワークス株式会社設立
2009年05月 東京本社移転
2009年11月 海外DB翻訳機能サービス開始 
2012年01月 中国知識産権出版社(IPPH)と代理店契約締結
2012年02月 インドClairvolex社と代理店契約締結
2013年04月 知財システム開発株式会社設立
「PATAS」特許事務管理システム販売開始
2014年11月 JPDS国際特許事務所設立
2015年01月 特許事務所向け 特許管理システム「PATDATA」販売開始
2015年04月 ワイズ特許サービス株式会社をグループ会社化

 

 企業情報TOP 


▲PAGE TOP